Interview

インタビュー

入社5年目で
10人の部下を持つ
グループリーダーに

システム本部 2013年入社

入社を決めたきっかけは何ですか?

大学時代は地球物理関連の研究をしており、データ処理のためにプログラミングもしていました。それらの知識を活かせて、歴史や安全保障にも興味があったので、マッチするのではないかと思ったのです。私は大学で博士課程まで進んだため、就職するときには29歳でした。日本では新卒採用には不利と言われています。「ドクターは対象外」と門前払いが多い中、当社は初めてのドクター卒だったにも関わらず、内定を出してくれたので入社を決めました。

これまでの仕事内容を教えてください

研修が終わってすぐは、航空自衛隊の次期システムの設計の取りまとめの補佐をしていました。当社から出資会社へ出向している人の下で、お客さんと調整しながら、各社に電話をしたり取りまとめをしたり、文書を作成したりしていました。2年後に提案の仕事へ異動となり、システムの機能付加や、今後の世界や国内の情勢から必要になるシステムの提案をしていました。現在は、提案の仕事も担当しつつ、システムを維持する部署のグループ長も務めています。

リーダーになってどう感じていますか?

この1月にリーダーになったばかりで、初めて部下ができました。まだ課題を完全にはつかみきれていませんが、グループが少しでもいい方向に進むように取り組んでいきたいと考えています。最終的にはお客様が満足できるよう「組織力」を高めたいですね。今喫緊の見えているのは、障害対応のスピードをいかに早められるか、そのために必要な体制強化と、今までの業務プロセスを改善していくかだと感じています。

今後どういうキャリアを積みたいと考えていますか?

グループ長として、マネジメント能力を身に着けたいです。リーダーシップのセミナーを受けたり、関連する書籍を読んだりしています。また、出資会社の方と一緒に仕事をした際に、彼らの能力を目にしてきました。混沌とした状況でてきぱきとものごとを整理し、下の人たちが迷わないように引っ張っていく、そんな能力を身につけたいと考えています。良い雰囲気の中でもなあなあにせず、メリハリをもってマネジメントしていきたいです。

どんなふうにワークライフバランスを保っていますか?

部署によって異なりますが、基本的には仕事とプライベートをしっかりと両立できる会社だと思います。私のいる部署は残業がやや多く、帰宅が夜の10時くらいになることもあります。ただ、出資会社を含めて働き方改革の取り組みが始まっていますので、なるべく改善していきたいです。また、土日はしっかりと休めるので、趣味に時間を使っています。子どものころから演奏しているバイオリンの練習をしたり、演奏会に出たりしています。たまに会社の人も聴きに来てくれます。

将来の仲間へメッセージ

関連会社各社を取りまとめてひとつのものを作っていくので、オールラウンドな能力が求められると思います。特に、広い視野を持ち、物事を整理して考えるのが得意な人が向いているのではないでしょうか。自ら手を動かすというよりは、全体を眺めてコントロールして、大きなことを成し遂げる意欲のある人と一緒に働きたいですね。さまざまな技術的知識は、入ってから身につければよいと思います。それより向上心があり、さまざまなことから学び、吸収できる力があることが大切だと思います。

Interview インタビュー

▲PAGE TOP
リクナビ2019エントリーページ